お陰様で、病気がだいぶ回復しました。

こんにちは、アルフレッドの斎藤です。

昨年末に公表した自分の病気について、たくさんの方から、その後の体調の心配を聞かれることが増えてきましたので、ご報告致します。
治療(ステロイド投与)を始めて約1年。
順調に回復してます。
家族や友人、美容室のお客様にまで心配をかけてしまいましたが、本当にあたたかいお言葉を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
順調にいけばあと、半年から1年ぐらいで薬は飲まなくてよくなりそうです。
現在、ステロイドの量は12.5mgまで減りました。これは1年前が40mgだったのでだいぶ減りました。
脳にできた肉腫(サルコイドーシス)はほとんどなくなりました。病状でもあった、記憶障害や神経障害は今ではまったく感じなくなるほど良くなりました。
ステロイドは病気は良くしてくれますが、副作用の影響が強く、体重・体脂肪のコントロールに苦労してます。
1年間で自分の体に起きた変化です↓
日付(体重)(体脂肪率)【1日のステロイドの量】
28.09(62.0㎏)(18.5%)【40.0mg】
28.11(66.0㎏)(22.0%)【30.0mg】
29.01(70.0㎏)(29.5%)【20.0mg】
29.03(74.5㎏)(28.5%)【17.5mg】
29.05(73.0㎏)(26.5%)【15.0mg】
29.07(71.5㎏)(24.0%)【12.5mg】
薬を飲む前
※ 32歳 男 168cm(60kg)(15%)
結果、ステロイドを呑んでいたら絶対太ります😅
詳しくはこんな風に書いてあります↓
ステロイドの副作用は、服用量や服用期間によって違います。少量でしたら、長期に続けてもそれほど心配いりません(15mg以下)。けれど、量が多めになると、いろいろな副作用がでやすくなります(30mg以上)。治療が長くなる場合は、定期的に決められた検査を受けてください。

飲み始めに多いのは、いらいら感、不眠、消化不良、下痢、吐き気、食欲増進などです。服用が長めになると、にきび、むくみ、生理不順なども起こります。軽い副作用の場合、病気によっては治療を優先しなければなりません。

長期服用で特異なのが、脂肪の異常沈着です。多めの量を続けると、かなりの頻度で生じます。ムーンフェイスといって顔がふっくらしたり、肩やおなかが太る症状です。ただ、これは減量すれば治りますので大丈夫です。

本当にこうなりました😅
顔はパンパンになり、お腹はビールっ腹みたいに出てきて、顔はにきびがやたらできる…
飲み始めでは不眠にもなり、毎日1~2時間しか寝れない日が3~4ヶ月続きました。イライラもかなりしました(笑)
いろんな方にご迷惑をおかけしました…😓
ここには書けないこともたくさん経験しました。もし同じ病気で病名の『難病・サルコイドーシス(脳・神経)』などで検索して、このブログにたどり着いたらお気軽にご連絡ください。
齋藤 誉士